育毛サロン【比較】AGA専門クリニックの違い

スクリーンショット 2018-09-01 22.58.32

 

バイオテックやリーヴ21などの育毛サロンをAGAクリニックと同一視している方も中にはおられるようです。

しかし、両者との間には少なくとも3つの分野で明確な違いがあります。

今回はそうした施設とAGAクリニックの違いについて理解しましょう。

 

育毛サロンとAGAクリニックのそれぞれの違い

icon-point2-1-o メインとなる治療方法

 

育毛サロンではAGA(男性型脱毛症)や脂漏性脱毛・粃糠性脱毛など、あらゆる薄毛に対応した発毛機器やヘアアイテムが充実しています。

個人差はあれ、利用すれば薄毛が改善することを期待できます。

ただ、AGAクリニックとは異なり、頭部マッサージを含めた育毛・発毛施術を月に2~4回ほど行うことをメインとしています。

 

assdf

画像提供:バイオテック

 

AGAクリニックでは基本的に月に1回の通院でドクターに診断してもらい薬の処方を受けますが、育毛サロンでは毎週のように通い施術を行う必要があるわけです。(※ 頻度は施術コースにより異なります。)

 

icon-point2-2-o 従事者の立場

 

AGAクリニックは正式な病院ですので免許を持ったドクターと看護師が従事しています。

かたや育毛サロンは病院とは違いますので、ドクターがいることは稀です。

看護師さんも通常はいませんが、各施設で訓練を受けたカウンセラーがいますのでその道のプロです。

 

as

育毛サロンではプロの女性カウンセラーが接客する

 

どちらが良いのかは利用者が決めることですので何とも言えませんが、ヘアケアに携わる者として国家資格を身につけた人にお願いしたいと願うのは道理にかなった見方でしょう。

当然ですが、医者がいない育毛サロンでは医薬品を処方することはできません。

 

icon-point2-3-o 費用・料金体系

 

AGAクリニックは薄毛治療にかかる料金をHP(ホームページ)などで明快に伝えています。

利用する前からどれくらいの費用がかかるのかがよくわかります。

一方、育毛サロンは、HP上では一部料金の開示にとどめ、実際に無料サービスなどで来店した際に初めて詳しい料金表を教えてもらえます。

その背景には、AGAクリニックに比べて何倍もかかりやすい費用が利用者にとってネックになりやすいことを運営側が意識しているからでしょう。

1年単位で通い集中的に行う発毛コースの場合、例外なく100万円以上はかかります。

AGAクリニックでは自毛植毛といった特殊な手術以外を除き、育毛サロンでかかる数分の1ほどの費用で収まります。

 

まとめ

 

育毛サロンでは専門カウンセラーによる機械を使った定期的な育毛施術がメインで費用が高額になる傾向がある薄毛対策です。

一方、AGAクリニックは免許を持ったドクターと看護師が一丸となり、一人ひとりに応じた症状に基づき医療行為による治療を患者に施します。

料金体系も事前に告知され、なんとも言えない雰囲気の中で「契約をしないと気まずいな…」という見えない圧力もありません。

 

育毛サロンが向いている人

icon-check1-g  経済的に充分なゆとりがある

icon-check1-g  綺麗なお姉さんとのやり取りや頭部マッサージに魅力を感じる

icon-check1-g  副作用のない施術を受けたい

 

こうした希望を持っているなら、育毛サロンを積極的に考慮しましょう。

 

 日本初の育毛サロンはこちら

 

AGAのクリニックが向いている人

icon-check1-b  血液検査や医薬品処方などの発毛医療を受けたい

icon-check1-b  なるべく費用を抑えたい

icon-check1-b  勧誘されるストレスを経験したくない

icon-check1-b  自分に合ったAGA治療をドクターと一緒に見つけたい

 

こうした希望をお持ちならAGAクリニックを選択しましょう。

 

 

【最安値AGA専門クリニック】

クリニック名
ヘアメディカル
ルネッサンスクリニック
スキンクリニック
HP
s_screenshot-20s_rune%ef%bc%91s_screenshot-19
カウンセリング
無料
無料
無料
費用(プロペシア代)
6500円
6500円
初回4200円から
エリア
東京・名古屋・大阪・福岡
東京・名古屋・大阪・福岡
全国
評価
案内
screenshotscreenshotscreenshot

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です