頭皮が油っぽい原因と改善策

416533

 

どんなに快適な環境で過ごしていたとしても、「頭皮が油っぽいだけで不快に感じる」…こんなことはありませんか?

実は頭皮の油が増すだけで集中力が欠けてしまうと感じている人は少なくありません。

今回はこの厄介な頭皮の油の原因や改善策を見ていきましょう。

 

頭皮が油っぽい原因

 

油っぽくなる原因を見てゆく前に、まず意識していただきたいのが皮脂は悪者ではないということです。

表面張力や沸点が高い皮脂は頭皮のみならず体表の水分の蒸発を防いでくれています。(液体は表面張力と沸点が高いほど蒸発しにくい。)

また、皮脂はいわば天然コーティング剤として頭部と髪を守ってもいます。

ですから適度の皮脂があることは私たちにとって「害になる」と言うより、むしろ有益なのです。

 

それを踏まえた上で、現代人にありがちな皮脂が多くなる2つの原因について考えていきましょう。

 

まず一つ目は「皮脂の落としすぎ」によるものです。

そもそも頭皮はほかの皮膚に比べて多くの皮脂を出さなければならないのはご存知でしょうか?

大体、油っぽいとされている顔の2、3倍の皮脂の量と言われています。

これは頭皮だけでなく髪の毛まで皮脂を満たして保護しなければならないからです。

そのため、頭皮と髪の毛の皮脂を根こそぎ取り去ってしまうと、頭皮の中の皮脂腺は大量の皮脂を分泌しなければなりません。

つまり、皮脂を出す皮脂腺が頭皮と髪の毛に対して過保護になっている状態です。

538228

二つ目は「体内から排出される皮脂」によるものです。

 

顔は第二の肛門ともいわれ、頭皮もそれに似た役割があります。

体内で過剰に存在する中性脂肪を排出しようとするのです。…が、ここで注意していただきたいのが「中性脂肪」。

もちろん油っぽいものを摂りすぎてはいけないということは直感的にわかると思いますが、皮脂の主成分は糖質が変化した中性脂肪だということです。

198209

意外かもしれませんが、ジュースなどの飲みすぎによる弊害はここにも及んでいたのです。

 

油っぽい頭皮の改善策

 

皮脂の落としすぎについての改善策は、(当然ですが)皮脂を落としすぎないことです。

まずシャンプーの回数を減らしましょう。

今は1日に2回シャンプーをしなければ不快感で何も手につかないという方もいらっしゃると思います。

ですが、その不快感を我慢して数日、数週間を我慢して1日1回にしましょう。

032997

また、回数だけでなくシャンプーの見直しも重要です。

皮脂を根こそぎ落とし、“爽快感”のあるシャンプーは一度使うと病みつきになってしまいますが、本当に我慢です。

実際にこれを実行した結果、1日2回爽快感の有るシャンプーなしではやっていけなかったところから、アミノ酸シャンプーケトコナゾール配合シャンプーを1日1回使用でも平気で過ごせるほどの皮脂量になった方がかなりの数に上っています。

 

次に「体内から排出される皮脂」についての改善策は、中性脂肪及び糖質を摂取し過ぎてため込まないことです。

また、ここで重要なのが運動です。

 

4475ec4cd2bf7d32531bfa0daf842c79_s

 

運動をすると中性脂肪が燃焼し、エネルギーや二酸化炭素、水とに分解され呼吸、汗、尿などで排出出来るようになります。

特に呼吸からの排出が約80%とも言われています。また汗、尿で排出するには“水”が必要となりますので、今まで手に取っていたジュースを水に置き換えることにより、さらなる好循環となります。

ダイエットと頭皮の皮脂の減少が両方できると考えるなら、テンションも上がりやすく積極的に運動を行うことができるでしょう。

 

まとめ

 

今回ご紹介した油っぽい頭皮の改善対策は、大きく分ければシャンプーの仕方体内の脂と糖のコントロールでした。

db88_debupizza15133151_tp_v

 

理解するのは簡単ですが、日常の中で習慣化するのはそれほどたやすくはありませんので、意識を変えることが重要かもしれません。

以上で取り上げた対策を徹底して、ぜひ快適な頭皮を手に入れてください。

 

【最安値AGA専門クリニック】

クリニック名
ヘアメディカル
ルネッサンスクリニック
スキンクリニック
HP
s_screenshot-20s_rune%ef%bc%91s_screenshot-19
カウンセリング
無料
無料
無料
費用(プロペシア代)
6500円
6500円
初回4200円から
エリア
東京・名古屋・大阪・福岡
東京・名古屋・大阪・福岡
全国
評価
案内
screenshotscreenshotscreenshot

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です