薄毛とiPS細胞治療最前線2017!【毛髪診断士監修】

screenshot

 

2016年頃から薄毛治療の分野で【iPS細胞】を利用した方法が取りざたされるようになりました。

これまでは育毛剤・AGA治療薬・自毛植毛・HARGと様々な治療法が応用されてきましたが、iPS細胞治療とは一体どういう方法なのでしょうか?

薄毛を克服できるとされるiPS細胞治療とは何か?

iPS細胞治療の開発段階はどこまで来ているのか?

実用化されるまでに注意しておくべきことは?

こうした点を取り上げていきます。

 

iPS細胞治療とは?

 

最近よく目にする【iPS細胞】とは、【万能細胞】とも言われる、いろんな分野に応用できる人工的に作りだされた細胞のことです。

もう少し具体的に説明しますと、人間の皮膚細胞に特定の遺伝子を導入することにより、いろんな細胞への分化が可能になった【人工多能性幹細胞】です。

ですから、この技術を応用することによって意図的に特定の細胞や組織・臓器などを作り出せるというわけです。

例えば、これまで臓器移植が必要だった患者さんたちの多くは、移植用の肝臓が不足していたがゆえにどうしようもできずにそのまま亡くなってきたという悲しい現実があります。

しかし、この【iPS細胞】技術を利用すれば肝臓組織を造り出し、それを患者さんに提供することが可能です。

しかも現時点で日本の研究チームは実際にそのことが可能であることを証明しています。

 

screenshot32

 

実験において、肝細胞に変わる手前の「前駆細胞」と細胞同士を繋ぐ作用のある「間葉系細胞」、血管を作り出す「血管内皮細胞」、この3つの細胞を試験管の中で一緒にしたところ、2日経過後にそれらが自然と融合してボール状に変化し「肝臓」の元ができあがりました。

それを免疫機能不全のマウスに移植したところ、ちゃんと人間の血管網が作られ血液が流れる肝臓の働きをする塊が形成されていったのです。

 

この例からもわかるように人工的に作り出された【iPS細胞】を応用することで、全くゼロの部分に新たな臓器を作ることができるようになりました。

ですから当然、この技術を利用すれば髪のない所に髪を作り出すことも期待できるわけです。

では具体的に言って、【iPS細胞】はどのように髪を増やすことが可能になるのでしょうか?

次にその点をご紹介いたします。

 

iPS細胞で髪を増やし薄毛を克服できるメカニズム

 

現在、iPS細胞を利用した毛髪再生は東京医科大学や資生堂など、複数の機関で研究がなされています。

特にこの面でカギを握っているのは「毛球部毛根しょう細胞」という細胞です。

毛球部毛根しょう細胞は髪を作る大元になる細胞ですが、人間の頭皮から毛根鞘細胞を採取して培養し増量させ、それを薄毛患者の頭部に移植するというのが大まかなメカニズムになります。

 

asa

 

この技術もすでに実験段階に入っており、男女約60名の患者から採取した毛根鞘細胞を3ヶ月間かけて培養し、再び患者に移植して約3年間にわたる回復経過観察がスタートしています。

2019年頃までには一通りの検証を終え、安全性や薄毛の回復具合を確認することになっています。

 

理論上は、一度生えてくることが成功したなら、その髪は育毛剤や他の助けを借りずとも生涯に渡り生え続けることが可能です。

なぜなら、画像にもある通りですが、この元となる細胞は後頭部下に位置するエリアから採取してくるものだからです。

通常、側頭部や後頭部下のエリアはアンドロゲン(男性ホルモン)のレセプター(受容体)が存在しないので、AGA(男性型脱毛症)の原因となるDHT(悪玉男性ホルモン)の影響を受けることが一切ありません。

そのため、ここから採られた細胞で髪を再生させるなら、ドナードミナントの法則(元の場所にある性質をそのまま受け継ぐという原則)により、移植した髪は死ぬまでハゲることがないのです。

 

ただ、とても魅力的なiPS細胞による薄毛治療ですが、懸念される点も幾つかあります。

現在でも少なくとも、

 

icon-finger1-r 費用が極端に高い

icon-finger1-r 実用化の目処が立っていない

 

という点が憂慮されています。

 

例えば、先に挙げた肝臓再生を例にとりますと、少なくとも800万円のコストはかかると試算されています。

しかも髪を「毛包」ごと移植する自毛植毛はすでに実用化されていますが、既存の髪を培養せずにそのまま移動させる施術だけでも1回50~200万円はかかっています。(※ 移植する本数により変動します)

ですから、たとえ実用化されてもかなり高額になることは必至でしょうから、そう簡単に誰でも挑めるような治療ではないのかもしれません。

また、

 

「(iPS細胞の療法は)臨床に応用されたばかり。安全性について極めて厳密に見ている段階です。身近な治療法になるにはあと50年……少なくとも私が生きている間には実現しないでしょうね。そもそも医療として薄毛の優先順位は低いですから」

 

と展望を述べる権威者もいらっしゃいますから、当面の間はiPS細胞による薄毛治療を現実的に捉えることは難しいかもしれません。

 

近い将来、iPS細胞を利用した治療を受けられる時が来るまでは、やはりAGA治療薬や自毛植毛施術を通して薄毛対策をする必要があります。

プロペシアやザガーロといったAGA治療薬を服用するなら、AGAを抑制して髪を現状維持できることはもちろんのこと、毛量が増加することを期待できます。

 

w4frwfes

 

こうした薬を飲むだけでもかなりの薄毛対策が可能です。

 

asdswwee

asdaw

aefwwe

adfaw

画像提供:ヘアメディカルグループ

 

以上の方たちは、AGAクリニックでAGA治療薬やサプリを服用することでここまで回復されました。

 

当サイト推薦のAGA専門クリニック

icon-arrow1-g ヘアメディカル(東京・名古屋・大阪・福岡)

icon-arrow1-o-s AGAスキンクリニック(全国40箇所)

icon-arrow1-b AGAルネッサンスクリニック(全国25箇所)

 

薬を飲むのが嫌いな人は、自毛植毛を利用することで薄毛を改善させることも可能です。

後頭部や側頭部のAGAにかからない健康の髪を「毛包」或いは「毛根」ごと無毛エリアに再分配することで、確実に悩みを解決することができます。

 

提供元:アイランドタワークリニック

提供元:親和クリニック

 

AGA治療薬や自毛植毛技術を上手に利用していくことで、iPS細胞による薄毛治療が実現する前でもフサフサな状態を保つことができますから、時代に応じて臨機応変に対処してくことが大切になってきます。

特にAGAになり始める20代・30代・40代の時期は本来なら活動の幅が広がり、人生を一番充実したものにできる絶好のチャンスですから、薄毛の問題によってせっかくの青春が台無しになってしまったら本当に残念なことです。

ですから、1日でも早くAGA治療を行い髪の問題と決別し、仕事や恋愛に打ち込める環境を作るようにしていきましょう。

 

【最安値AGA専門クリニック】

クリニック名
ヘアメディカル
ルネッサンスクリニック
スキンクリニック
HP
s_screenshot-20s_rune%ef%bc%91s_screenshot-19
カウンセリング
無料
無料
無料
費用(プロペシア代)
6500円
6500円
7000円
エリア
東京・名古屋・大阪・福岡
東京・名古屋・大阪・福岡
東京・名古屋・大阪・福岡
評価
案内
screenshotscreenshotscreenshot

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です