ビタミン以上に薄毛を回復できる二つの発毛成分とは?【毛髪診断士監修】

screenshot

 

薄毛を改善させるにはビタミンが大切らしい

こんな漠然としたイメージを持ち、とりあえずビタミンサプリから育毛対策をしようと考える方がおられます。

ですが、それは半分正しくて、半分間違った取り組みかもしれません。

そう言える理由をご説明致します。

 

ビタミンは薄毛対策に効果がない?

 

例えば、女性に一番効果があるとされるパントガールというサプリ。

こちらにもビタミンB₁が豊富に入っています。

 

パントガール

 

では、ビタミンがよくこうした育毛サプリに配合されているのはどうしてでしょうか?

 

screenshot

 

特に、髪の毛と結びつけられることが多いのはビタミンB₁・B₂・B₆。

これらは皮膚の生成や皮膚の健康維持に欠かせない大切な栄養素であることから、頭皮の一部とされる髪の毛にも良いとされています。

実際、ビタミンを摂ることで毛根の代謝活性を増加させることができますし、ストレスの緩和にも効果がありますから、薄毛対策をする面で味方になってくれます。

体内代謝に関与する酵素の働きを助ける補酵素としての役割がビタミンには備わっているのです。

 

それでも、現実的に言えば、ビタミンをたくさん摂取したからといって、満足できるほど薄毛が改善することはほとんどありません。

それはどうしてかご存じですか?

 

薄毛の根本原因はDHTと老化による毛包消滅

 

薄毛になる男性が抱える根本的な原因の9割はDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンに起因しています。

また、どなたでもそうですが、加齢が進むことによる老化現象で髪の毛の総数は減少することがわかっています。

 

screenshot

 

ですから、この二つの原因にアプローチをかけない限り、いくらビタミンを摂取したとしても薄毛の根本的な改善はあり得ないのです。

 

DHTにより毛が抜けていくメカニズムと改善策

 

薄毛男性の90%が発症していると言われるDHTによるプロセスは一体どのようなものでしょうか?

 

睾丸でテストステロンというホルモンが作られますと、血管を通って頭部に運ばれていきます。

一方、毛が生える部分の毛包の中には5aリダクターゼ(還元酵素)が存在します。

毛細血管にあるテストステロンと5a還元酵素が毛乳頭部分で出会い結合しますと、DHT(ジヒドロテストステロン)という活性型の男性ホルモンが産生されます。

そしてこのDHTがアンドロゲンのレセプター、つまり特定の髪に備わっている男性ホルモンの受容体と結びつくと、様々な遺伝子群に影響を及ぼしていきます。

その一環として毛髪の成長を抑制する遺伝子や脱毛因子に命令を出す遺伝子に働きかけ、結果、髪の毛のヘアサイクルが狂い始めます。

 

sdfawwea

 

DHTの影響を受ける遺伝子部位の髪はこうして次第にミニチュア化していき、何も対策を採らなければ最終的に全く生えて来なくなってしまうわけです。

これを俗にAGA(男性型脱毛症)と呼びます。

AGAはいくらビタミンを摂取したところで改善はできませんので、別の対策が必要になってきます。

それが、2005年頃に厚生労働省から認可を受けたプロペシアやザガーロというAGA治療薬です。

 

w4frwfes

 

もしかしたら、すでにお聞きになったことがあるかもしれませんが、このお薬にはDHTを抑制する作用があります。

具体的には、DHTを産生するために必要な5a還元酵素を阻害することで、DHTを予め生み出さない体質を作り上げます。

zxccsdds

 

こうすることで、髪の成長を抑制する遺伝子や脱毛因子の働きにブレーキをかけられるわけです。

毎日服用を続ければ大体半年ほどで薄毛部分が好転していることを実感できます。

髪が持つ正常なヘアサイクルへ戻すことで、以前と同じように髪が生えて成長できる環境に戻れます。

 

screenshot31

 

加齢による老化現象の薄毛メカニズムと改善策

 

特に30代以降、人の身体は段々と老化による体質の変化を実感するようになります。

一つ一つの臓器が衰えていきますので、いろいろな箇所で不具合を感じてくるものですが、それは頭部の髪の毛も全く同じことです。

毛髪も心臓や胃と同じ臓器の一部分であり、衰えていくのです。

ですが、具体的に髪がどのような理由で衰えていくのかはずっと謎のままでした。

2016年に入り、日本の研究チームがその原因を突き止め、アメリカで有名な科学雑誌にも掲載され話題を呼びましたから、何となく印象に残っている方もおられるでしょう。

そのプロセスとは次の通りです。

screenshot

 

画像の右側で指摘されているように、髪を作る工場となる「毛包」が加齢によるコラーゲン不足に陥ると退化を始め、次第に縮小され角化が進み、最後には頭皮のフケや垢となって消滅してしまうのです。

 

この段階まで来てしまうと、いくら育毛剤を塗ったり毛生え薬を飲んだところで髪は生えてきません。

髪を生やす「毛包」部位そのものが消滅してしまったからです。

 

screenshot30

 

ですから、当然ビタミンを飲んでがんばったとしても後の祭りです。

ではどのようにすれば、毛包の消滅を防げるのでしょうか?

 

研究チームによれば、コラーゲン不足を回避することで毛包の維持が可能であることを突き止めました。

それを裏付けるためにマウス実験をしたところ、コラーゲンを補てんした部位には確かに髪の毛が再び生えてきました。

 

ですから、特に30代以降髪の毛の薄毛に悩みだした方であるなら、DHTに伴うAGA(男性型脱毛症)が原因であると同時に、老化によるコラーゲン不足も疑ってみましょう。

最近になり、コラーゲン配合の育毛剤も利用できるようになりましたから、今から積極的に活用することで老化に伴う薄毛を防止することが可能です。

 

screenshot3

2016年に入りコラーゲン入りの育毛剤も登場

 

ビタミンによる薄毛対策のまとめ

 

冒頭で触れましたように、ビタミンは頭髪を生成する上で大切な栄養素であることに間違いはありません。

ただ、あなたがもしすでに薄毛に悩んでおられるなら、それはビタミンによる不足が主な原因ではなく、DHTに起因するAGAであったり、加齢によるコラーゲン不足による部分が大きいかもしれない、という現実的な話をしてきました。

 

icon-arrow2-r  薄毛に悩む9割はAGAを発症している

icon-arrow2-r  加齢が進む老化による脱毛はほとんどの方が経験する

 

もちろん、こうした原因は自分で簡単に特定できることではありませんので、AGAクリニックへ行って血液・ミネラル状態を把握できる検査を行い、ドクターの診察を受ける事が一番です。

そうするなら、AGAによる原因なのかはもちろんのこと、ビタミン不足なのかもまとめて状況を把握することが可能ですし、自分に一番効果的な薄毛対策を知ることができます。

ちなみに、中でもヘアメディカルグループはこの面でパイオニア的存在のクリニックですので重宝します。

 

画像提供:ヘアメディカル

s_asdasda6

s_asdasda5

s_asdasda4

s_asdasda2

画像提供:ヘアメディカル

 

150万人以上という世界一症例実績がある信頼できるクリニックですから、当サイトでもお勧めしています。

ビタミン・AGA治療薬・サプリの600種類以上ある組み合わせからオーダーメイドで自分に必要なビタミンサプリ類・AGA治療薬を処方してくれますので、半年ほどで薄毛を確実に改善することができます。

初めは無料のカウンセリングを利用することで、具体的にどんな治療なのかを理解することができますから、積極的に活用なさってください。

 

screenshot

 

AGAは進行性ですから、正しい対策を採らなければ100%薄毛化が進みます。

1日でも早い行動が薄毛改善の満足度に直接繋がっていきますので、勇気を出して取り組まれるよう心からお勧め致します。

 

【最安値AGA専門クリニック】

クリニック名
ヘアメディカル
ルネッサンスクリニック
スキンクリニック
HP
s_screenshot-20s_rune%ef%bc%91s_screenshot-19
カウンセリング
無料
無料
無料
費用(プロペシア代)
6500円
6500円
7000円
エリア
東京・名古屋・大阪・福岡
東京・名古屋・大阪・福岡
東京・名古屋・大阪・福岡
評価
案内
screenshotscreenshotscreenshot

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です