「帽子をかぶると薄毛になる」は大噓!?【毛髪診断士監修】

screenshot

 

帽子をかぶり過ぎて頭が薄毛なっちゃったみたい…

こんなことを言い訳にしている薄毛さんに出会ったことがおありかもしれません。

帽子を愛用すると本当に薄毛になりやすいのでしょうか?

オシャレさんがどうしても気になってしまう?この疑問についてお答えいたしましょう。

 

帽子に潜む薄毛との関係は?

 

実のところ、帽子を被ることは頭部を守ることになりますから基本的には良いことです。

夏や秋の紫外線は特に強烈で頭皮にもダメージを与えかねませんから、余計な脱毛を防ぐためにも帽子はむしろウエルカムです。

 

screenshot

 

ただし、何事もそうですが「過ぎる」ことは逆効果を招きます。

 

つまり帽子を「被り過ぎる」なら今度は頭の中が密閉されて蒸れだします。

そうしますと、雑菌が増えて頭皮の環境が悪くなってしまいます。

他にも、長時間の使用による圧迫で頭皮の血行不良を招くかもしれませんし、同じ部位の連続する摩擦によって毛が抜けやすくなることもあり得ます。

この点、帽子は軽めで通気性もある程度ありますからまだよいかもしれませんが、ヘルメットなどの類は特にそう言えるでしょう。

 

icon-finger1-r  毎日キツい・密閉性の高い帽子を被っている

icon-finger1-r  重いヘルメットを日常的に使用している

 

こうした場合は薄毛をもたらさないためにも幾つか気を遣う必要があります。

 

薄毛にならないための被り物をする時の注意点

 

帽子やヘルメットを毎日のように使用する方は以下の点に留意するようになさって下さい。

 

通気性に優れたものを選ぶ

screenshot

 

帽子やヘルメットの中には空気をよく通しやすいモノがあります。

通気性に優れるなら汗をかいても乾きやすく、ムレを防いで雑菌が増えるのを防ぐことができます。

 

頭のサイズに合ったものを選ぶ

screenshot

 

サイズが小さい被り物を長時間しますと、頭がキツく締め付けられ違和感や痛みを覚えてきます。

血行も悪くなり髪に栄養が行きづらくなりますし、サプリやAGA治療薬を服用している場合であればそうした効果成分も頭部に行きわたりづらくなることも考えられます。血管はできるだけ広くして、血が巡りやすい態勢を整えることが肝要です。

帽子やヘルメットのサイズが大き過ぎる場合には、常に頭皮上で摩擦が生じやすく余計な抜け毛や切れ毛が発生しやすくなります。

ですから、念入りに試着を行ない、自分の頭皮にジャストフィットする良いものを選ぶようにしましょう。

 

タオルを一枚挟む

screenshot

 

これは特にヘルメットを被る際に功を奏する一つの方法です。

タオルを頭部とヘルメットの間に挟んでおけば、タオルがいわばクッション替わりになり、ヘルメットとの摩擦を防いでくれます。

またヘルメットは通常少し固めにできており、クッション材も化学繊維でできているので、可能なら直接の接触は避けたいところです。

綿などの素材でできたタオルを載せることでダメージを和らげることができますし、汗をかいたときにも吸収してくれ、清潔さを保つのに一役買ってくれます。

 

よく洗う

screenshot

 

汗をかきやすい部位の衣料類は特に雑菌が残りやすいものです。

定期的に洗うことにより、皮膚疾患に伴う脱毛を避けられます。

 

長時間は避ける

screenshot

 

冒頭でも触れましたが、長い時間被り物をしますと逆に頭部に対する負担が大きくなります。

もしお仕事で帽子やヘルメットを使用している場合なら、10分位の一服時やお昼休みの時間帯にははずすように心がけましょう。

 

洗髪は毎日する

screenshot

 

汗や皮脂が詰まった頭皮のまま過ごすと髪の毛が成長しづらい環境に変わっていきます。

髪は夜10時以降に一番成長することがわかっていますから、それ以前にはシャンプーを済ませ、髪がしっかり生えやすい状態を整えるように意識しましょう。

シャンプ-の際はゴシゴシ洗うのではなく、指の先で頭皮を揺り動かしながら行うマッサージを心がけて下さい。

それだけで毎日の抜け毛を10本単位で減らすことができます。

 

帽子を被っていても薄毛を克服できる方法

 

以上の点を気をつけるだけでも、被り物に起因する薄毛問題に首尾よく対処することができますので、ぜひ毎日の生活で意識するようになさってください。

 

ただ、帽子やヘルメットの扱い方が悪いと薄毛を助長しかねないのは確かなのですが、実のところ、薄毛の主な原因は帽子によるものではありません。

 

screenshot

 

上の画像はハミルトン・ノーウッドと呼ばれる薄毛の特長を示した分類ですが、もしあなたの薄毛がこうした現象と同じであるならば、AGA(男性型脱毛症)が主な原因と考えられます。

ですから、いくら帽子やヘルメットの被り方に気を遣ったとしても、完全に薄毛を克服することはできません。

こうしたAGAの症状はDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンが引き起こしているものです。

 

seweffwe

 

頭部内でテストステロンと5a還元酵素が結合することでDHTができますと、男性ホルモンに反応する受容体(レセプター)を持つ髪のヘアサイクルが乱れ初めていきます。

 

sdfawwea

 

DHTの影響にさらされ続けますと、髪が成長しづらくなり、次第に細毛になって最後には全く生えなくなっていくのです。

 

ですが、DHTの産生を阻害するお薬を定期服用することで、半年後には著しい回復に向かうことが可能です。

プロペシアというAGA治療薬が一番有名ですが、クリニックで診断を受けAGAだとわかった時点でドクターに処方箋を書いてもらい、このお薬を入手できます。

 

asda

 

実際にプロペシアのお薬を使用することで回復した例がこちらです。

 

s_asdasda6

s_asdasda5

s_asdasda4

s_asdasda2

画像提供:ヘアメディカル

 

いかがですか?

 

誰の目から見ても薄毛の回復が顕著ではないでしょうか。

一般病院の皮膚科でもプロペシアは扱っていますが、診察代やお薬代の高さ・薄毛治療の守備範囲等を考えますと、薄毛患者だけを扱うAGA専門クリニックを利用することをおすすめします。

こうした専門クリニックなら、一般病院よりもプロペシアが千円単位で安くなり、診察代もリーズナブル、万が一AGAによる薄毛ではない場合でも他の治療法を提案してもらえるというメリットがあります。

 

クリニック名 初回 2回目以降
AGAスキンクリニック 4200円 7000円
AGAルネッサンスクリニック 4200円 6500円
ヘアメディカル 6500円 6500円
AGAINクリニック 4200円 7000円

 

中でもヘアメディカルグループは日本で最初にAGA専門クリニックを開院したパイオニア的存在で、症例数が150万人以上と世界一の利用者実績を誇ります。

もし交通の便がよい場合でしたら、こちらのクリニックをまず第一に選択されるようにおすすめします。

とはいえ、AGAクリニックはここ10年でインフラがとても進み、日本全国どこにいても利用できるようになりましたから、勇気を出して一歩を踏み出せばどなたでも薄毛を改善できる時代となりました。

今度はあなたがぜひそれを経験なさってください。

 

asdfasda

画像提供:ヘアメディカル

 

 ヘアメディカルクリニックはこちら

 

【最安値AGA専門クリニック】

クリニック名
ヘアメディカル
ルネッサンスクリニック
スキンクリニック
HP
s_screenshot-20s_rune%ef%bc%91s_screenshot-19
カウンセリング
無料
無料
無料
費用(プロペシア代)
6500円
6500円
7000円
エリア
東京・名古屋・大阪・福岡
東京・名古屋・大阪・福岡
東京・名古屋・大阪・福岡
評価
案内
screenshotscreenshotscreenshot

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です