アルコールをたくさん飲んでも薄毛を克服できる方法【毛髪診断士監修】

screenshot

 

お酒好きの人にはどうしても気になってしまうアルコールと薄毛の問題。

アルコールの飲みすぎは身体に悪いことはわかっていても、髪の脱毛にどんな理由で関わり合いがあるのか今一つはっきりしていないかもしれません。

そのような状態ですといつまでも正しい薄毛対策はできない可能性が高いですから、今回の記事でしっかりと理解し、アルコールをふさわしい位置に置くようにしましょう。

 

アルコールが薄毛を引き起こすメカニズムとは?

 

アルコールは体内に入った後に肝臓で分解されると、毒性を持つアセトアルデビドという物質が産まれます。

その後、体内に備わっている解毒効果で「酢酸」と呼ばれる物質に代謝されます。

ですから、アルコールを普通に飲む分には身体そのものに何か悪い影響が残るわけではありませんが、問題なのはこうした一連の過程の中で、ビタミンやアミノ酸が多量に使われることです。

110162

例えば、髪の毛に欠かせない必須ミネラルに亜鉛がありますが、アルコール分解〜解毒までのプロセスで大量のアミノ酸が消費されてしまうと、その中に含まれる亜鉛が欠乏を起こし、髪の毛を生成するために必要な分が失われてしまうかもしれません。

ちなみに亜鉛はセックスミネラルとも言われ、性生活や髪の毛を維持する上で欠かせない貴重なミネラル源です。

それに加え、亜鉛はもともと日常生活では摂りづらい部類の物資なので、本当に大事に扱う必要があるのです。

 

アルコール摂取➡亜鉛不足➡薄毛が悪化

 

アルコール摂取後の体内活動によりたくさんのアミノ酸が消費され、同時に亜鉛も失われていきます。

亜鉛はとても優秀な成分で毛母細胞の分裂を活発化し、髪の成長を早めたり、免疫力を向上させることにも貢献します。

その他にも傷の回復促進・骨の発育・新陳代謝・精液の増量・花粉症改善など実に魅力的な作用があるミネラルです。

 

screenshot

 

過剰なアルコール摂取は一時的な快楽をもたらしてくれるとはいえ、上記した数々の活動に悪い影響を与えることを考えますと、余計な亜鉛消失は是が非でも避けたいと感じるはずです。

もし亜鉛が不足しますと、実際に髪の生成がしづらくなり、頭皮の新陳代謝も鈍り、ヘアサイクルの乱れが生じ始めます。

 

過度のアルコール飲酒はAGA(男性型脱毛症)の被害を加速させる

 

冒頭ではアルコール摂取によって「アセトアルデヒド」という物質が産まれることに触れました。

通常なら体内の働きによって分解され無害な物質へと代謝されますが、もし大量にお酒を飲んだ場合には処理が間に合わずに血中を駆け巡ります。

アセトアルデヒドが悪さをすることの一つはDHT(活性型男性ホルモン)を増加させてしまうことです。

 

screenshot

 

DHTは髪の毛母細胞をアポトーシス(細胞死)に至らせ脱毛を引き起こし、髪の毛周期を休止期へと移行させる特徴があります。

過度の飲酒によりアセトアルデヒドが増え、そのままDHTを増殖させていくと薄毛はそれだけ加速していくことになるわけです。

また、飲酒によって肝臓に負担を強いていきますと血行不良が生じ、髪の毛に必要な栄養分が行き届きにくくなりますし、アルコールに含まれる糖質の影響で頭皮の皮脂が過剰に分泌され髪の毛穴を塞ぎ、不潔になりやすい体質へと変化する可能性もあります。

 

適度な飲酒であれば問題はない

 

ここまででアルコールが髪の毛に与えかねない悪い影響ばかりをお伝えして来ましたので、飲酒そのものが悪者のように感じてきたかもしれませんが、厳密に言えば、飲酒そのものが悪いわけではありませんのでご注意ください。

「酒は百薬の長」という言葉があるくらいですから、実のところ、適度な量のお酒には良い効果も備わっています。

そしてそれには髪に対しても当然当てはまります。

 

screenshot

 

少量のアルコールを摂取するなら神経が休まり、血行を促進させ、食欲を増進して良い睡眠へと導いてくれます。

こういったストレス軽減・栄養を運ぶための血行改善・良い食事の習慣・夜に睡眠を正常にとれることは、髪の毛を生やすことに直結する大切なイベントですから、適度な飲酒はむしろ大歓迎なわけです。

過度の摂取が薄毛をもたらすのは事実ですが、同時に適度な飲酒も髪にとっては良いことであることを覚えておいてください。

 

大量のアルコールを飲んでも薄毛を防止できる方法とは?

 

過度のアルコール摂取が薄毛を助長することを考えてきましたが、この記事のテーマは「アルコールをたくさん飲んでも薄毛を克服できる方法」という少々不謹慎?なものになっています。

健康や髪の毛のことを考えれば当然お酒はホドホドにしたほうが良いのはもちろんですが、それでも中にはお酒の量を変えたくないと感じている方もおられるかもしれません。

最後にそのような方たち向けのために、お酒を飲みながらでも薄毛を克服できる方法を二つご紹介いたします。

 

AGA治療薬を利用する

 

現代の日本人の3割、薄毛になっている患者の9割がAGA(男性型脱毛症)になっていると言われています。

その原因は先ほども挙げたDHT(ジヒドロテストステロン)という悪玉ホルモンによる影響です。

DHTが頭内で産生されると、毛髪の成長を抑制する遺伝子や脱毛因子に指令を出す遺伝子に作用を及ぼし、結果、髪のヘアサイクルが乱れ始め、細毛化が始まり、最終的には髪が生えて来なくなっていきます。

 

sdfawwea

 

このDHTはテストステロンと5a還元酵素が結合することで誕生することがわかっています。

ですが、プロペシアなどのAGA治療薬を服用することで、5a還元酵素を阻害することができ、DHTの産生を著しく抑えることが可能です。

 

asda

 

ですから、簡単に言えば、AGA治療薬を毎日服用していくだけで、過度の飲酒によるDHT増加にも対処することができ、AGA(男性型脱毛症)を改善することができるのです。

ただし、このお薬にも頭痛や性機能不全と言った副作用が出る可能性がありますので、薄毛専門のクリニックでお医者さんに診てもらいながらの取り組みが一番安全です。

 

当サイト推薦のAGA専門クリニック

icon-arrow1-g ヘアメディカル(東京・名古屋・大阪・福岡)

icon-arrow1-o-s AGAスキンクリニック(全国40箇所)

icon-arrow1-b AGAルネッサンスクリニック(全国25箇所)

 

キャピキシル成分のスカルプ用品を使用する

 

有名な発毛成分にミノキシジルがありますが、2011年にはミノキシジルよりも優秀な発毛成分が開発されました。

キャピキシルというミノキシジルの3倍で毛母細胞を活性化させる成分です。

 

screenshot15

開発メーカーによるキャピキシルデータ

 

それに加え、先ほどご紹介したプロペシアよりも強力にDHTの産生を抑えてくれる特徴もあります。

 

screenshot13

開発メーカーによるキャピキシルデータ

 

先ほど紹介したプロペシアには5aリダクターゼⅡ型を阻害する作用がありますが、このキャピキシルは5aリダクターゼのⅡ型とⅠ型の両方を阻害する効果がありますので、更にDHTの産生を防いでくれます。

しかも、ミノキシジルより強力な薄毛防止効果があるにも関わらず、ミノキシジルやプロぺシアにあるような副作用は一切ないという次世代発毛成分なのです。

一ヶ月分が1万円前後と多少高額ではありますが、薄毛患者の夢を叶える理想的なアイテムですので、経済的に余裕があるならこうした最新の育毛剤を使用することができるでしょう。

出始めたばかりの製品ですので、まだまだ知名度は低いですが、すでに詳細な体験レビューを書いているブログもありますから参考にすることができます。

 

お酒を毎日楽しみながら、無理なく薄毛を克服できる方法を最後にご紹介しました。

それでも可能なら飲酒は少量にするように心がけください。

健康を保てなければ、たとえ髪を増やしたところで幸せを感じにくいですから、最終的には健康的な身体作りが一番大切になってくることを決して忘れないでください。

 

【最安値AGA専門クリニック】

クリニック名
ヘアメディカル
ルネッサンスクリニック
スキンクリニック
HP
s_screenshot-20s_rune%ef%bc%91s_screenshot-19
カウンセリング
無料
無料
無料
費用(プロペシア代)
6500円
6500円
初回4200円から
エリア
東京・名古屋・大阪・福岡
東京・名古屋・大阪・福岡
全国
評価
案内
screenshotscreenshotscreenshot

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です