男性が薄毛になる2大原因とその対策

screenshot

 

男性が薄毛になる原因は人それぞれです。

それでも、髪が抜けて生えなくなる主だった理由は解明されています。

正しいヘアケアをして毛量を回復させるには、まず薄毛になる原因を知る必要があります。

 

男性が薄毛になる原因その1:AGA(男性型脱毛症)

 

成人した男性に一番見られる薄毛の原因は、DHT(男性ホルモン)による影響で引き起こされるAGA(男性型脱毛症)です。

近年、AGAという言葉がTVCMでも多く扱われるようになったのでご存じの方も多いかもしれません。

ただ、漠然としたイメージだけでまだよくわかっていない人も多くいますので、この機会にしっかりと把握するようにしましょう。

 

本来、男性の髪は2〜6年周期によるヘアサイクルを営んでいます。

 

asasdada

 

休止期・成長期・退行期を1セットにしたヘアサイクルが存在し、正常なら「抜けては生え・抜けては生える」を繰り返して毛量が一定に保たれています。

ですが、睾丸でテストステロン(男性ホルモンの一種)が作られ血流を介して頭部にやってきますと、5a還元酵素と結びつくことにより更に強力な男性ホルモンDHTへと生まれ変わります。

このDHTは髪の成長を阻む特徴があり、結果、髪のヘアサイクルに乱れが生じ始めます。

 

sdfawwea

 

DHTによる反応が出る受容体を持った髪はこうしてAGA(男性型脱毛症)を発症し、少しづつ髪の成長期が短くなっていき、しまいには全く髪が生えて来なくなってしまいます。

(ちなみに、側頭部や後頭部の下側はDHTの影響を受ける受容体がないために、ほとんどの場合は薄毛になりません。)

 

男性が薄毛になる原因その2:加齢(老化)

 

近年の研究により、加齢による薄毛のメカニズムも解明されつつあります。

これまでは単に歳を取ると身体は衰えていき老化していくのだから、髪も白髪になり減っていくのは当然だ、という暗黙のイメージでしかありませんでした。

ですが、加齢によって具体的にどんな弊害が出てどんな仕組みで髪が生えなくなるのかが突き止められたのです。

 

老化により各臓器が衰えていくのはご承知の通りですが、2016年になり、髪の「毛包」部位でも同じようなことが起きていることが判明しました。

 

screenshot

 

毛包とは毛根部の全体を言いますが、活発な毛包幹細胞であればヘアサイクルにのっとって自己分裂を行ない髪が自然と再生されていきます。

ですが、加齢による老化が進むと毛包幹細胞が角化細胞(表皮細胞)に移行しはじめ、次第に頭皮の表面からフケや垢となって跡形も無くなってしまうことがわかりました。(※ 上の画像参照)

特に、毛包にあるはずのコラーゲンの分解・消失が進むことにより、毛包が次第に小さくなり、やがては消えていくことがわかったのです。

これは最新研究結果ですので、ニュースでも扱われ話題を呼びました。

 

 

加齢(老化)によるコラーゲン不足が引き金となり、髪を生産する工場である毛包が縮小し始め、髪が生えなくなるという原因です。

 

それで、男性の薄毛はAGA加齢による2大原因によってえ引き起こされていたわけです。

 

男性の薄毛を克服する対策

 

AGA(男性型脱毛症)はDHTという男性ホルモンによる影響で発症することは先に取り上げました。

 

この薄毛原因を取り除く対策として一番効果的なのはAGA治療薬の服用です。

クリニックで診断を受けAGAと判明された際にはドクターと相談した後にAGA治療薬を処方してもらうことができます。

プロペシアやザガーロが有名ですが、こうしたお薬を服用して3ヶ月〜半年くらいすると効果が出始め、1年後にはかなり改善していきます。

 

画像提供:ヘアメディカルグループ

asdfasda

sdasd

asdswwee

s_asdasda6

s_asdasda5

s_asdasda2

画像提供:ヘアメディカルグループ

 

 

以上の方々はすべてAGA治療薬を服用を中心とした薄毛メニューでここまで回復されました。

ただ、AGA治療薬は医薬品で効果が強いだけに頭痛や性機能に副作用が出る場合もありますので、以上の患者さんたちと同じようにドクターの指示のもとで適切に行っていく必要があります。

ちなみに、一般の病院の皮膚科に診てもらうよりも、AGA専門クリニックを利用したほうが費用面・治療面でも優位性があり、かなり便利でお得です。

 

当サイト推薦のAGA専門クリニック

icon-arrow1-g ヘアメディカル(東京・名古屋・大阪・福岡)

icon-arrow1-o-s AGAスキンクリニック(全国40箇所)

icon-arrow1-b AGAルネッサンスクリニック(全国25箇所)

 

以上のクリニックを利用するなら、最安値で正規版のAGA治療薬を処方してもらえますし、薄毛専門のドクターのもとでどんな薄毛症状にも対応してもらえますからとても安心です。

 

では、薄毛になるもう一つの原因のコラーゲン不足で毛包がなくなってしまう問題についてはどう対応すべきでしょうか?

もちろんAGAクリニックを利用するなら総合的な治療が可能ですが、今年からはコラーゲンを補てんできる育毛剤も販売が開始されました。

イクオスという医薬部外品製品で、コラーゲンを配合している最新ヘアアイテムです。

 

screenshot3新イクオス育毛剤にはコラーゲンが配合

 

screenshot4イクオス育毛剤全成分表

 

コラーゲン不足による薄毛研究は2016年に発表されたばかりなので、それを応用した治療方法も実はこれから開発されていく段階にあります。

ですから、現在のところはこうした最新育毛剤で可能な限り毛包部位のコラーゲンを枯渇させないようにしておくことが最前の方法となります。

厄介なのは、一度消失してしまった毛包は二度と回復することができず髪を生やせなくなりますので、コラーゲンの消失を回避して毛包を存続させていくことが最大の課題となります。

20代の薄毛で悩んでおられるならAGAであるウエイトが高いかもしれませんが、30、40代の方はAGAに加えてこうした面にも注意を払い周到な薄毛対策を始めた方が賢明でしょう。

 

AGAにしても加齢によるコラーゲン不足にしても、対策は早ければ早いほど功を奏します。

逆に言えば、何の対策も取らなければAGAは100%進行しつづけ髪が後退していきますし、コラーゲンも減少して毛包がなくなり髪を生やせなくなる環境になってしまいます。

ですから早速今日から正しい薄毛対策を徹底するようにしてください。

薄毛になる理由と対策を知っただけでは髪の薄毛は改善されませんので、必ずすぐに実行するよう心がけてください。

 

【最安値AGA専門クリニック】

クリニック名
ヘアメディカル
ルネッサンスクリニック
スキンクリニック
HP
s_screenshot-20s_rune%ef%bc%91s_screenshot-19
カウンセリング
無料
無料
無料
費用(プロペシア代)
6500円
6500円
初回4200円から
エリア
東京・名古屋・大阪・福岡
東京・名古屋・大阪・福岡
全国
評価
案内
screenshotscreenshotscreenshot

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です