薄毛を治すAGA治療薬の通販購入方法と誰も教えない【注意点】

s_screenshot-11

 

病院に行く暇がない・面倒くさい・費用を抑えたい

いろんな理由でAGAクリニックに行きづらい方もいます。

ですから通販でAGA治療薬を購入できないかどうかを考えるのでしょう。

通販ショップでお薬は買えるのでしょうか?

どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

 

AGA治療薬は通販ショップで入手できるか

 

まず知っておくべき知識として、AGA治療薬は正式なお薬で医薬品ですので、普通の食べ物のようにAMAZONや楽天などの通販ネットショップで気軽に購入することはできません。

医師の診察を受け、AGAと診断された後に処方してもらう「薬」なのです。

ただ、厚生労働省から認可を受けた国内のお薬はそうした取り決めの元にあるとしても、実は成分・効果が同じである海外のAGA治療薬を購入することは可能です。

例えば、有名なところではオオサカ堂などの実績のあるショップを利用すれば偽物の心配もなく海外薬品を入手することができます。(クリニックへ直接卸しているショップですので安心できるという意味です。)

 

screenshot

通販で手に入るオーストラリア版プロペシア

 

こうした通販ショップを利用することで、確かに費用を抑えクリニックへ行くこともなくAGA治療薬を入手できます。

 

通販で薬を購入するデメリット

 

大変便利と思える手段の一つですが、思わぬ落とし穴が待っているかもしれませんので注意も必要です。

というのは、クリニックを通して正式なお薬を処方してもらわない方法は、そもそも厚生労働省から警告を受けています。

 

医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器、体外診断用医薬品又は再生医療等製品(以下「医薬品等」という。)を、インターネット等を利用して取り寄せ、又はいわゆる個人輸入して、使用される方がいらっしゃいます。
しかし、そうした医薬品等は、日本国内で医薬品医療機器等法を遵守して販売等されている医薬品等に比べて、保健衛生上の危険性(リスク)があります。

 

具体的にはどんなリスクがあるのでしょうか?

 

  • 日本国内で正規に流通している医薬品、化粧品や医療機器などは、医薬品医療機器等法に基づいて品質、有効性及び安全性の確認がなされていますが、個人輸入される外国製品にそのような保証はありません。
    • 個人輸入される医薬品等の品質、有効性及び安全性(以下「品質等」という。)については、我が国の医薬品医療機器等法に基づく確認がなされていません。
      国によっては、医薬品等の品質等について、我が国と同じレベルでの確認が行われていないことがあります。
    • 品質等の確認が行われていない医薬品等は、期待する効果が得られなかったり、人体に有害な物質が含まれている場合があります。
  • 不衛生な場所や方法で製造されたものかもしれません。
  • 虚偽又は誇大な効能・効果、安全性などを標ぼうして販売等されている場合があります。
  • 正規のメーカー品を偽った、偽造製品かもしれません。
    • 個人輸入される医薬品等は、効能・効果、用法・用量、使用上の注意等が外国語で記載されているため、一般に、記載内容を正確に理解することが困難です。
      その製品の使用によって起こり得る望ましくない作用(副作用)や成分・分量などが、きちんと記載されていないこともあります。
    • 海外から個人輸入した医薬品の投与について、学会から注意喚起されているものがあります。
    • 海外の規制当局により品質等が確認された医薬品等を、用法・用量等の記載内容を守って使用した場合でも、副作用等を生じることがあります。
      個人輸入された医薬品等については、医師、薬剤師等の専門家でも、その成分や作用等に関する十分な情報を有しておらず、副作用等に迅速に対応することが困難な場合があります。
    • 医薬品については、その安全な使用を図るため、医師による診察、処方及び経過観察が必要とされているものがあります。
      そのような医薬品を、医療機関を受診せずに安易に個人輸入して使用した場合、安全性が著しく損なわれます。
    • 日本国内で医薬品医療機器等法を遵守して販売等されている医薬品については、それを適正に使用したにもかかわらず重大な健康被害が生じた場合に、その救済を図る公的制度(医薬品副作用被害救済制度)があります。しかし、個人輸入された医薬品による健康被害については救済対象となりません。
  • 一般の方が自己判断で使用して副作用や不具合などが起きると、適切な対処が困難なおそれがあります。
  • 以上より、医薬品等の個人輸入については、通常、メリットよりも危険性(リスク)のほうが大きい場合が多いと考えられます。そうした外国製品によって不利益を被るのは、それを購入・使用するあなた自身や、あなたの家族であることに留意して下さい。
  • 特に、医薬品の個人輸入を考えている方には、自分ひとりで判断せずに、家族の方などと話し合い、また、お住まいの地域の医師、薬剤師等の専門家に相談されることをお勧めします。
  • 参考サイト:厚生労働省

 

通販で医療薬を購入すると、以上のような様々なリスクが伴うわけです。

 

特に気を付けていただきたい点

 

通販でAGAを治療できるお薬を買えば費用を抑えられる・クリニックへ行く時間を節約できる等のメリットはあります。

ですが、見過ごせないデメリットも幾つかあります。

先ほどの厚生労働省の公式メッセージにもあったとおりですが、特に、

 

icon-point2-1-r 巧妙な偽物が出回っている

icon-point2-2-r 副作用に対する適切な対処が取りづらい

icon-point2-3-r 医薬品副作用被害救済制度を利用できない

 

といった大きなリスクを抱えています。

 

awfww

 

上の画像はプロペシアを正規製造・販売しているメーカーMSDが発表しているものです。

WHO(世界保健機関)のデータによりますと、世界で流通する医療用医薬品の10%程度がニセモノだと推測されています。

 

もしネットで注文したお薬で髪が生えなかった場合、それが何の原因で効果がなかったのかは誰にもわかりませんし、副作用が出た場合にはどのように対処すればよいのかわからず不安に陥れられます。

またそうしたトラブルが起きても医薬品副作用被害救済制度という公的なサービスを受ける事ができませんので経済的な損失は免れません。

 

医薬品副作用被害救済制度とは?:医薬品は正しく使っていても、副作用の発生を防げない場合があります。そこで、医薬品(病院・診療所で処方されたものの他、薬局等で購入したものも含みます)を適正に使用したにもかかわらず、その副作用により入院治療が必要になるほどの重篤な健康被害が生じた場合に、医療費や年金などの給付を行う公的な制度です。

 

節約のつもりで通販を利用しても、結局はクリニックで処方してもらう時の何倍も費用がかさむことさえあるリスクが潜んでいるわけです。

 

厚生労働省によって製造・販売承認を取得し、品質が保証されている国内正規品を医師の処方のもとに入手するであれば、以上で挙げた「効果有無の不透明さ」・「副作用に対する適切な処置」・「万が一の時に救済を図る公的制度」等、すべての面で心配する必要がなくなり、安心してAGA治療に専念できるメリットがあります。

ですから、AGA治療は可能な限りクリニックで行なうことをお勧めします。

安全や命はお金では代えられないかけがえのないものだからです。

 

【最安値AGA専門クリニック】

クリニック名
ヘアメディカル
ルネッサンスクリニック
スキンクリニック
HP
s_screenshot-20s_rune%ef%bc%91s_screenshot-19
カウンセリング
無料
無料
無料
費用(プロペシア代)
6500円
6500円
初回4200円から
エリア
東京・名古屋・大阪・福岡
東京・名古屋・大阪・福岡
全国
評価
案内
screenshotscreenshotscreenshot

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です