AGAとは?【薄毛の原因を知ろう】

asdafaweew

 

規則正しく健康的な生活を送っているのに、髪の毛が薄くなってきたという方はいらっしゃいませんか?

もしかしたらAGAが原因かもしれません。

なぜなら男性の薄毛の9割がAGAとも言われているからです。

そうだとしたら早めに対処をするべきです。

「遺伝だから」と諦めてしまっている方もいるかもしれませんが、AGA治療では遺伝型の薄毛にも効果を発揮できます。

AGAのメカニズムを理解して、早めに対処をすることで効果的に治療を行いましょう。

 

AGAによる薄毛のメカニズム

 

早速ですが薄毛になるメカニズムを見ていきましょう。

screenshot

「男性ホルモンが多いと薄毛になる」とよく聞かれると思いますが、正確には男性ホルモンが変化した“悪性”男性ホルモン=DHT(ジヒドロテストステロン)が原因です

5α還元酵素Ⅰ・Ⅱ型によって男性ホルモンがDHTになってしまうのです。

厄介なことに、これらの酵素は“遺伝”により量が決まります。

さらにこの酵素はいわゆる優性遺伝子で、簡単に言えば父か母のどちらかがこの遺伝子を持っていれば子供にも受け継がれてしまうのです。

これが隔世遺伝等の正体です。

 

DHTが毛乳頭にある受容体に受け取られると,

(※ 受容体とは、細胞膜上及び細胞内に存在し、ホルモンや光など外から細胞に作用する刺激に反応して細胞機能を変化させる物質のこと。 )

 

icon-check1-r  栄養や酸素を送る必要がないと判断され、それらを送るための血流が低下する

icon-check1-r  ヘアサイクルが短くなる

 

などが起こり薄毛になるのです。

 

ヘアサイクルとは?

 

ヘアサイクルとは、一本の毛髪が毛乳頭から生まれて育ち、最終的に抜け落ちて新たな毛髪が生えてくるサイクルのことを言います。

 

asasdada

 

画像の通り、ヘアサイクルには大きく分けて①成長期、②退行期、③休止期があります。

 

icon-finger1-g  一つの毛乳頭から髪の毛が成長し続ける「成長期」は通常4~6年。

 

この成長期があるため極端に言えば腰の位置まで髪の毛を伸ばせるのです。

 

icon-finger1-b  その後「退行期」を迎えると2~3週間ほど毛髪の成長が止まります。

 

icon-finger1-bk  「休止期」になると今生えている毛髪の深い位置から芽を出してくる新生毛に押し出される形で毛髪は抜け、新たなサイクルが始まります。

 

通常のヘアサイクルを保っているなら、毛髪全体の少なくとも8割以上は成長期で占めます。

 

しかし、DHTによりヘアサイクルが短くなってしまうと毛髪の成長期は1年未満になってしまい、成長期は5割程度に減少します。

 

sdfawwea

 

言い換えれば、毛髪の成長と生え変わりがほぼ同じ割合で行われバランスがくずれるのです。

 

このサイクルの短期化は進行性で、薄毛に気づいた頃には毛量がかなり少なめになっている場合がほとんどです。

 

AGA治療はお早めに

 

何事もそうですが、AGAの治療は特に早め早めに行ないましょう。

その理由は少なくとも2つあります。

 

1つはAGA治療薬の特徴です。

 

AGA治療ではフィナステリドという成分を含むプロペシアを服用することが主です。

フィナステリドは5α還元酵素Ⅱ型の働きを阻害し結果としてDHTの増加を抑えます。

つまり、悪さをするDHT自体を直接消滅させるわけではありません。

厳密には直接「毛髪を生やす」のではなく、「毛髪のヘアサイクルを正常に戻す」という方が適切であることが先程の説明からも理解できると思います。

早めにフィナステリドを摂取することで、予防的にDHT自体が発生しない健康的な頭皮を得ることができます。

 

2つ目の理由は頭皮ダメージの減少のためです。

 

DHTの作用で毛乳頭への栄養や酸素を送る血流が低下してしまうと述べましたが、この期間が長いほど毛乳頭は栄養、酸素不足によるダメージが蓄積します。

そうすると、せっかく治療を始めてDHTが減少しても毛乳頭の健康が失われてしまっているので本来の毛髪の成長、ヘアサイクルが行われなくなってしまいます。

 

しかし、このようになってしまっていても対策がないわけではありません。

ミノキシジルというリアップ等に含まれる成分を頭皮に塗布することで血流の改善を行うことができます。

AGA専門クリニックで「必要である」と判断されれば、ミノキシジルも併用して治療が行なわれるのにはそのような理由もあるのです。

 

まとめ

 

AGAは進行性です。

 

s_awwwt-1

 

AGA治療を早めに行うことで、ダメージの蓄積していないうちに薄毛の原因であるDHTの発生を未然に防ぎ、ヘアサイクルを正常に戻すことができます。

 

まずは薄毛の原因をしっかりと判断することが重要です。

それによって“効果のある治療”を“早急”に行うことができるからです。

 

aefwwe

画像提供:ヘアメディカルグループ

 

この機会にAGA専門クリニックで検査などを行ってみてはいかがですか。

AGA治療は「早め早めが功を奏する」ということをどうぞ忘れないでください。

 

【最安値AGA専門クリニック】

クリニック名
ヘアメディカル
ルネッサンスクリニック
スキンクリニック
HP
s_screenshot-20s_rune%ef%bc%91s_screenshot-19
カウンセリング
無料
無料
無料
費用(プロペシア代)
6500円
6500円
初回4200円から
エリア
東京・名古屋・大阪・福岡
東京・名古屋・大阪・福岡
全国
評価
案内
screenshotscreenshotscreenshot

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です